おすすめの整体 (池田市)

耳鳴りは不快な症状ですので、治せるものなら早く治したいと考えるのは当然です。
そんな耳鳴りの治し方にはいくつかの種類があり、代表的な治療法としては、病院での治療、漢方薬・サプリメント、ツボ押しなどが挙げられます。
参照: http://www.miminari-web.net/shoujou/

まず病院での治療法ですが、これは耳鳴りの原因がはっきりしている場合、原因を根本から解決していくため、非常に有効となります。

しかし、原因が分からないような場合は、体質を改善していくことが大切ですので、蜂の子やイチョウ葉エキスなど耳鳴りに効果があるとされる成分のサプリメントや個人の体質と症状に合わせて漢方薬を処方してもらうのがおすすめです。

特に漢方は西洋医学のアプローチでは治りにくい症状の改善が期待できますので、漢方医などの専門家に相談をしてみるとよいでしょう。


また耳門や聴宮、風池など耳鳴りに効果的とされるツボは体にいくつかありますので、正しい位置、押し方でケアをするのも一つの方法といえます。


耳がこもるときに考えられる原因と治療法

突然音が聞こえづらくなったり、何かで耳を塞がれているといった症状が出るといった方はいるかと思います。耳がこもる症状を治すために、まずは原因について把握しておきましょう。

耳がこもる原因とは

原因として多いのが、水が入ってしまった場合や耳垢が溜まっていることがあります。垢が溜まっている場合に関しては、こもった感じの他にもがさがさと異音が聞こえることもあります。

次にストレスが挙げられます。特に社会人になると、仕事や人間関係と様々なストレスを感じやすく、音がこもるなどの影響を受けることがあります。気圧が変化することでも起こることがあります。

飛行機や山に登った時に経験している方は多いでしょうが、急激な気圧の変化によって調節がうまくできなくなっている状態です。こもる原因として、中耳炎の可能性もあります。他の病気の疑いもあり、耳管開放症、突発性難聴、低音障害型感音性難聴、メニエール病などが可能性としてあります。

効果的な治療とは

治療法については、まずは自分で改善を試みてみましょう。水が入ってしまった場合もあるので、頭を傾けて水が入っていないか確認してみましょう。

自然に乾燥する場合もあるので、少し様子を見ても良いかと思います。がさがさという異音がする場合は垢が溜まっている可能性が高いです。自分で垢を取ろうとすると、皮膚を傷つけてしまうこともあるので、病院で取り除いてもらったほうが安全と言えます。

ストレスによって耳の器官に影響がでることもあるので、治療法としてはリラックスできる環境を作り、ストレスを緩和することに努めましょう。気圧の変化が原因の場合には、耳抜きという方法で治すことが出来ます。

ただ注意することとして、強くやり過ぎてしまうと鼓膜が破れてしまうこともあるので慎重に行うようにしましょう。

その他に病気の可能性が疑われる場合については、自分で治すことは難しいため、病院で正しい処置を受けるようにしましょう。放置していると症状が悪化していくため、なるべく早くの受診が必要になります。



←前へ  ↑一覧   次へ→