おすすめの整体 (池田市)

顎関節症の原因は多岐にわたり、治療内容も様々です。

顎関節症の治療にあたっては、生活習慣の見直しや、薬物治療、スプリントの使用など、温存療法を選択するケースが多いようです。

顎関節症において、ほとんどの場合には、手術することなく、改善しています。矯正で治せるケースは、手術しない方がよいでしょう。


顎関節自体が変形している場合には、手術による治療を行うケースもありますが、顔面神経麻痺などの危険性を考慮すると、手術の選択は、慎重に検討するべきでしょう。

顎関節症の手術に関しては、十分な検査に基づく診断の元、決定することが必要です。

顎関節症の手術は、全身麻酔をして行われ、10日前後の入院が必要です。術後は、薬療法や運動療法などを行い、リハビリが必要となるでしょう。顔面に、ひきつりや痺れ、痛みなどの後遺症が残るケースがあるようです。


顎関節症顎は、歯列不正から顎関節の成長異常による場合があります。顎関節の変形には、外科的手術が有効と思われます。

顎関節変形に関係する、下顎の手術では、下顎前突症や下顎後退症、上顎では上顎前突症と上顎後退症があります。また、上顎と下顎を同時に手術することもあります。

最近は、顎関節症に関する手術は、関節円盤の修正など限られたケースのみ行われているのが現状です。


手術を行う際のリスクと、改善結果がそぐわない場合もあるので、本当に手術で顎関節症が改善するのかは、不透明といえるでしょう。



←前へ  ↑一覧   次へ→